【ずらし旅・見学準備】高台寺

ねねが秀吉の菩提を弔うために家康におねだりした高台寺。

ここにはねね自身の遺体が今も眠っています。

高台寺

名称 高台寺
住所 京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町526
宗派 臨済宗建仁寺派
本尊 釈迦如来
開山 弓箴善彊
創建 1606年
人物 ねね
重要文化財 門、霊屋、開山堂、傘亭(安閑窟)および時雨亭(附:土間廊下)、観月台、絵画等多数
国の名勝 高台寺庭園
拝観料 大人600円
公式サイト https://www.kodaiji.com/index.html

高台寺の歴史

豊臣秀吉の没後、正室の北政所は慶長8年(1603年)に後陽成天皇から「高台院」の号を勅賜されると、秀吉の菩提を弔おうと寺院の建立を発願し徳川家康もその建立を支援した。高台寺の創建地は、元々は黄金八丈の阿弥陀如来像(大仏)を安置する雲居寺の境内であったが、応仁の乱で焼失していた。

wiki

1598年9月18日 秀吉死亡

1599年 ねねは京都へ

1600年 関ケ原の戦い

1606年 家康の配慮を受けて、秀吉の菩提を弔うため高台寺を建てる

1614年 大阪冬の陣・1615年大坂夏の陣にて淀君、秀頼死亡

 

高台寺の見どころ

臥龍廊(がりょうろう)

開山堂と霊屋(おたまや)を結ぶ屋根付きの階段で、臥龍池に掛かる。
龍の背に似ているところからこの名が付けられた。

方丈

本堂。創建当初の方丈は伏見城の建物を移築したものでしたが焼失。1912年再建。

方丈庭園は 小堀遠州作。

霊屋(おたまや)

霊屋(おたまや)の堂内装飾には桃山様式の蒔絵が用いられ、これを「高台寺蒔絵」と呼びます。

北政所所持と伝えられる蒔絵調度類も多数。

霊屋は、秀吉の墓がある阿弥陀ヶ峰の豊国廟に向けて建てられています。

開山堂(重要文化財)

1605年に高台院により建立、1625年に増築。

庭園内に建つ入母屋造本瓦葺きの禅宗様の仏堂は元来、高台院の持仏堂だったもので、その後、中興開山の三江紹益の木像を祀る堂となった。
堂内は中央奥に三江紹益像、向かって右に高台院の兄・木下家定とその妻・雲照院の像、左に高台寺の普請に尽力した堀直政の像を安置している。

この堂の天井は豊臣秀吉の御座舟の天井と、高台院の御所車の天井を用いたものという。天井画の「龍図」は狩野山楽の作である。

茶室

時雨亭(二階建ての茶室)小堀遠州の作?

笠亭 千利休 → 伏見城 → 移築と言われますが、確証はありません。

アンドロイド観音

2019年、教化堂に『アンドロイド観音マインダー』が安置され、般若心経の教えを「空を知ることで煩悩から解き放たれる」と説きます。

御開帳は土日・祝日の10:30~12:00 と 13:30~15:30

竹林

みごとな竹林もみどころ。

※八坂の塔(法観寺)が見える

ねねの門

ねねの道~台所坂から境内に入る、この門をくぐると料理が上手になれると言われています。

アクセス

電車

京都駅から 約20分
京阪 祇園四条駅から 約10分
阪急 京都河原町駅から 約15分

バス

バス停「東山安井」から 東へ徒歩7分

京都駅から約15分乗車(市バス206)
京阪 祇園四条駅から約5分乗車(市バス207)
阪急 京都河原町駅から約10分乗車(市バス207)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました